2013年03月21日

Flowers

悲しいことがあったとき

その向き合い方も

かかる時間も

人それぞれ。


誰がなんと言おうと

思う存分悲しめばいいじゃない。



立ち直る必要なんか無い。


そう、思って過ごしていたら

意外と

深く落ち込まずにすんでいる。





20130321-1.jpg


今朝の収穫




朝、らぶにあてていた時間に

お花の世話をする。



枯れた花を取り除き

水をかえ

新しい花を飾る。




たら〜ん!


20130321--.jpg


はぁ〜 超 楽しい!



明日は、どんなお花が咲いているかな ♪




ニックネーム らぶちゃんのお姉さん at 17:31| Comment(2) | TrackBack(0) | Flowers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月20日

誰かさんみたいなアネモネさん。

20130320-1.jpg

ちょっと、あなた可愛いわねぇ。

(すっかり花にハマる。





20130320-2.jpg






ウサ友さんが、らぶの事を素敵な記事にしてくれました↓




黒いうさぎ「ナッツ」との暮らし



うさぎ色の時間♪




私達のために、本当にどうもありがとう。







ニックネーム らぶちゃんのお姉さん at 22:53| Comment(2) | TrackBack(0) | らぶ(うさぎ)のこと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月17日

永遠の贈り物という本。

2013-0317-11.jpg




なんだか、らぶが亡くなってから

不思議なタイミングでいろんな事がおこる。

まるで、亡くなる前に色々手続きをしていったみたい。


おねーちゃん想いな、らぶ。

面白いな、らぶ。

今も想われているのかもしれない。

不思議なうさぎ。



前に、読もうと思っていた

永遠の贈り物という本を読んだ。


年老いた動物の死期が近づくと

生きていても、魂が抜け出すことがあるという。


らぶも、ここ最近、そんな時が、何回かあった。

ボケたのかね?なんて、言っちゃってたけど。


もう少し前に、読んでおけばよかった。

そうしたら、最期に、もっと違う言葉をかけてあげられた。



向こうの世界に行く準備が出来ているにもかかわらず

 家族の心の準備が整うのを待っている。


そんなことが書いてあった。



12日は、久しぶりに妹が休みの日だった。

13,14日は、私の仕事が休みの日だった。




love-2013-0317-2.jpg





色々と心配してくださった皆さん

どうもありがとう。

自分のことのように、悲しんでくださって

ありがとう。


みなさんの優しい気持ちが伝わってきて

すごく救われているんです。


らぶと、皆さんの愛する家族が、素敵な縁を運んでくれた。

本当に、感謝しています。


私ですが、書くことによって、心の整理ができてきました。

大丈夫ですよ。

もうすぐ、また、くだらないこと言い出しますよ!


今は、介護記録をまとめています。

それが終わったら、写真の整理。


今日は、らぶの身体が眠る場所に

お花を植えました。

土いじりは、手が汚れるから嫌だったのに

夢中で土を運んだり、雑草を抜いたり。

なかなか楽しい!

明日は、お花を買いに行こう!


いつの間かにか

心の中に、らぶがいる気がしてきて

少し、寂しくなくなったよ 手(チョキ)




love-2013-0317--.jpg












ニックネーム らぶちゃんのお姉さん at 19:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3月12日13日14日のこと

※今回は、個人的な記録になります。






ここしばらく安定した日を過ごしていたらぶ。


12日、仕事から帰ると、今日は一日

私の部屋で、妹と一緒に過ごしていた模様。


夜にかけて、WBCをみながら仕事をし、らぶと過ごす→特に変わりなし。


その後、お風呂に入って、出てくると

体を支えている木の箱から飛び出して、今日もまた、こけている。

抱き上げて、呼吸が落ち着くまで、

大丈夫、大丈夫と声をかけながら、体をさする。

いつものように、すぐに落ち着く。


食欲、普通。

おしりを綺麗にし、マッサージをする。


夜中の1時ごろ、木箱からおしりを出し

オイルヒーターで暖をとっていたので

安心して電気を消し、隣で眠る。


夜中、2度ほど、横で寝ているらぶを、いつものように手で確認。

耳の温度確認。冷たくもなかったが、温かくもなかった。

3度目に確認をしたとき、いつもの定位置にいない気がしたので

電気をつけると、いつもの場所にはいたが

体勢を崩して、苦しそうに口で息をしていた。

これは、やばい。 と思い

気付かなくてごめんね。ごめんね。といいながら、体をさする。

大丈夫そうだったので、

らぶの電気毛布の温度を確認し

また眠りにつく。


でも、なぜか眠れず、携帯をいじりながら、朝を迎える。

その間、横でおとなしくしていた、らぶ。


起きて、らぶのおしりのお掃除と、床ずれの確認を完了。

おしっこもうんちも、ちゃんとしてあったが、この4〜5時間の間

えさはあまり食べていないようだった。


6時半か7時ごろ朝ごはんを作りに下におりる。

20分くらいで戻ってくると、転んでいる。

起き上げると、いつものように息が上がっていたので

らぶが落ち着く、股の間に挟んで寝かせ、わたし、朝ごはんを食べる。

らぶ、呼吸が落ち着く。しばらく、静かにしている。


8時、英会話の勉強をし始めてすぐに

息が荒くなったような気がしたので、移動させようと持ち上げると

いつもより大きく、足を3回ほどバタバタさせたので

あわてて下に下ろすと、首に力が入らずカクンと

下につこうとしたので、支えるが

しゃっくりのような息を10秒くらいする。


これは、病院か、もしくは、本当にもう最期なんだろうかと

今までに何回も思ったことを、また思うもつかの間

息がゆっくりになった気がしたので、

体をさすりながら、らぶ。と呼ぶ。

その間、20秒くらい。


息をしているのかわからなく、

らぶ、ありがとう。らぶ、置いてかないで。と、わけのわからにことを言いながら

心臓の辺りをさすると、ぐっと、少し足に力が入り(もしくは、足を伸ばす感じ)

ほんの少しおしっこをした。


この間、たぶん、30秒〜1分くらい。


今、思えば、たぶんおしっこをした時に、亡くなっていたんじゃないかと思う。

わたしの声は、とどいていたのだろうか。

もう少し、なごりおしそうにするとか

ありがとうみたいな顔をするとか、あるのかと思っていたけど

らぶも、気が付いていないんじゃないかと思うほど

あっという間で、安らかな顔だったので、

多分思い残すことは何も無かったのではないかと思う。


らぶが生きているのか、亡くなったのか

これが現実なのかわからないまま

抱き上げ、体をさすりながら、妹にみせると

亡くなってる気がする。と言われる。



予定をキャンセルし、部屋を整理しながら、一日一緒に過ごす。

汚れていたものは、一枚のブラケットを残して全部洗った。


柔らかい体、開いたままの目には光りがあり、毛にもつやがあって

死んでいるとは思えなかった。


今日は、暑いとわかっていても

どうしても、冷却材を入れることができなかった。

いつまでも、なでて、抱っこしていてあげたかった。


でも、らぶに話しかけると

無理に閉じさせた目が、うっすら開くような気がしたので

もう、いっていいよ。と伝えた。


夜に近づくにしたがって、

らぶの魂が、少しずつ抜けていっている気がした。

冷却材を入れる。

らぶに手紙を書く。


妹にお願いして、妹と私とらぶ。

川の字で寝る。といっても、寝むれないけど。


朝、別れたくなくて、また涙が出てしまう。

わたし、らぶに恥ずかしくないよう

軽くお化粧をし、髪を整え、好きな服を着る。


今日は、彼氏とデートという妹が、先にらぶに別れを告げる。


魂はもうここになさそうな、らぶと

二人で静かに最後のときを過ごす。

なかなか決心がつかなかったが

もう、葬ってくれと、言っている気がした。


いつも、らぶが入っていた木箱で箱を作ってもらう。

らぶの好きだった、ピアノ曲を流して、最後のお別れをする。


いただいたお花、庭のお花で

らぶが華やかになる。

涙でる。

でも、これで最後にしよう。

埋葬する時は、穏やかに送り出そう。

だって、らぶは、涙が嫌いだったから。


さようなら、らぶ。

さようなら。

ありがとう、らぶ。

がんばったね。らぶ。

色々な思い出と、経験と、気付かされたことたくさん

あんたは、ラッキーでハッピーな私のたった一人の相棒だった。

心配しないで

らぶの頑張りを見てきたから

もう少ししたら

ただ、ただ前だけを見て頑張るつもりだよ。

時々泣くと思うけど。


きっと、また会えるね。

大好き。

私の元にきてくれて、ありがとう。

ありがとう。ありがとう!


あなたがいなくて、さびしいよ。



2013年03月15日Fri
ニックネーム らぶちゃんのお姉さん at 19:12| らぶ(うさぎ)のこと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月15日

らぶの居ない初めての朝。

昨日は、TVをつけたまま

気が付いたら眠りに落ちていた。

メジャーリーグを観に行って

イチローさんとずっと話しているという夢をみた。


らぶがいなくなったら、きっと爆睡できるんだろうと

ずっと思っていたけど

眠りが浅いのは体質なのかもしれない。


唯一洗わなかったらぶのブランケットから

らぶの匂いが消えた気がした。


部屋の良く行く場所に、ところどころ

らぶの写真をおいたら

少し、気持ちが明るくなった。




love-20130315-1.jpg




楽しかった思い出以外のことは

色々頭で考えるのは、やめるようにした。



冷静に考えると

らぶは、私が笑っていると、嬉しそうだった。

何かに夢中になっているのも好きそうだった。


だから

自分の好きなことをしよう。

らぶが居なくて寂しいという

自分の為に流す涙はもうよそう。



らぶは、精一杯生きて、楽になった。



ただ、それだけ。


今まで、らぶのために、頑張ってきた。

これからは

自分のために頑張るしかない。



先ずは、今までできなかった、

洗えなくても大丈夫なカーペットでも、買ってみようかな。



その前に、仕事だ。


ぁ、車検もあった・・・。







ps: うーちゃん、お花ありがとう !! 

ニックネーム らぶちゃんのお姉さん at 09:13| Comment(14) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月14日

ありがとう。ありがとう。ありがとう。

ちゃんと、お別れをし、ステキな埋葬もでき

少しほっとしています。

らぶのいない寂しさは、どうにもなりません。

介護のときと一緒で、たくさん良い思いをした、わたしが背負うもの。



昨日、一日、お別れをしている間に

ステキな詩をみつけました。



【ありがとう。私の大切な人】 というサイトのポエム81です。



何がいけなかったとか、

何が足りなかったということじゃないんだよ。

誰のせいでもない。

あの人は悔いてない。

最後まで一生懸命だった。

あの人も、一緒に歩んだ人も。



love-20130313-1.jpg



後になって、大変 申し訳ありませんが

実は、みなさんに、感謝の気持ちでいっぱいです(笑)


ほったからしの、ブログをいつも見に来てくださる皆様

優しい言葉で励まして下さった、ウサ友さん

すぐにお花を下さったぴーtanさん。

病院の先生方

あまり仲良くなかったけど

最後は色々手伝ってくれた家族

友達、お客様

太郎・・・(結局、微妙な関係でしたが。笑)

今まで出会えたうさちゃん、猫ちゃん、わんちゃん etcetc・・



言葉では

言い表せないくらいの感謝の気持ちでいっぱいです。



love-201303--.jpg

みんな、大好き。本当にありがとう。






ブログを更新しておりませんでしたが
昨年の11月頃から、簡単な記録をつけていたので
アップする予定です。
どなたかの参考になれば、らぶも私も嬉しいです。

ニックネーム らぶちゃんのお姉さん at 16:56| Comment(2) | らぶ(うさぎ)のこと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大好きな らぶ。またね。また会う日まで。

大変ご無沙汰しております。

先ずは、お世話になった皆様にご報告を。

2013年3月13日 朝8時過ぎに

らぶは、13歳と7ヶ月という幸せな日々と思い出を

おみやげに残し、天命を全うし

天に召されました。


最期は、私の手の中で、いつ息を引き取ったか

わからなかったくらい安らかでした。


あまりに、穏やかな顔をしているので

半日ほど、まだ息をするのではないのかと

何回も心臓の音を確認したくらいです。


死後硬直も無く、口は綺麗にとじています。

やっと、目も閉じるようになったので

これから埋葬してきますね。




とりあえず、ご報告とお礼まで。



らぶ&らぶのお姉さん より




love-20130313-2.jpg







ニックネーム らぶちゃんのお姉さん at 13:04| Comment(2) | らぶ(うさぎ)のこと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする